健保からのお知らせ

2019/2/13

2019年度予算のお知らせ

 2月8日に開催された第152回組合会において、KOA健康保険組合の2019年度予算が可決承認されましたので、その概要についてお知らせいたします。 

 
 健康保険は前期高齢者納付金の減少に伴い、2018年度と比較して予算規模は6,700万円ほど縮小しました。

 また、加入者数や報酬額等の動向等から判断して、2019年度の保険料収入は堅調に推移することが見込まれるため、健康保険料率は現行の9.8%を維持します。

 財政は緩やかに持ち直しつつありますが、加入者の医療費は増加傾向にあるため、今後の動向は予断を許さない状況です。

 2019年度、健保組合では社員やご家族の皆さまに自主自発的な健康づくり活動を実践していただけるよう、様々な形で支援をさせていただくことで医療費の適正化を図り、更なる財政健全化を目指します。

 

 一方介護保険は、介護納付金が2018年度と比較して1500万円の増加となりますが、準備金を繰り入れて収入を確保することにより、現行の保険料率の1.5%を維持します。

添付ファイル

このページのトップへ