健保からのお知らせ

2020/2/14

2020年度予算のお知らせ

 2月7日に開催された第154回組合会において、KOA健康保険組合の2020年度予算が可決承認されましたので、その概要についてお知らせいたします。 

 
 健康保険においては、残業の減少等の影響により報酬額が低下し、保険料収入は2019年度と比較して5,400万円余りの減少を見込んでいますが、支出面でも前期高齢者納付金が大幅に減少したため予算規模は8,500万円ほど縮小し、経常収支では5,000万円の黒字となりました。保険料率は9.8%で変更ありません。

 しかし、団塊の世代が後期高齢者となりまじめる2022年度以降は、拠出金の急増が見込まれており、厳しい財政となることが予想されます。

 健保組合では今後も健全な財政を維持し、皆さまの自主自発的な健康づくりを支援していくため、2020年度には新しい事業も計画しております。(保健事業の詳細については「けんぽニュース」でおしらせいたします。)

 加入者の皆さまにおかれましては、ご自身の健康意識を高め、医療費の適正化にご協力いただきますようお願い致します。

 

 一方介護保険は、介護納付金が豪華傾向にあるため、保険料率を現行の1.5%から1.8%に引き上げさせていただきます。皆さまのご負担が増加することになりますが、ご理解をお願い致します。

添付ファイル

このページのトップへ