個人情報の共同利用について

 当健康保険組合(以下「組合」という。)は、その保有する個人情報(個人データ)について、次のとおり共同事業を行っておりますのでお知らせいたします。

 個人データを共同利用する場合は、個人情報保護法第23条第4項第3号において下記の項目について、本人が容易に知り得る状態に置いているときは、当該個人情報(データ)の提供を受ける者は第三者に該当しないことから、あらかじめ本人の同意を得ずに当該個人情報(データ)を他に提供できるとされています。


健康診断結果等の個人情報の共同利用

1.共同利用する個人情報(個人データ)の項目

健康診断の受診者に係る記号・番号、氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、事業所名、社員コード、健診未実施項目、健診種目名、健診結果、健診受診日、健診実施機関名、同所在地、相談・指導内容、所見

2.共同利用者

KOA健康保険組合と適用事業所事業主

3.共同利用目的

事業主:労働者の健康状態の把握及び職場における健康管理のため
当組合:被保険者の健康の保持増進、生活習慣病等の改善のための保健指導・栄養指導のため

4.個人情報の管理について責任を有する者

事業主:健康管理担当部門
当組合:事務長

高額医療給付に関する交付金交付事業

1.共同利用する個人情報(個人データ)の項目

「交付金交付申請書」の記載項目(記号・番号、氏名、本人家族別、入院外来別、診療年月、レセプト請求金額等)の及びレセプト記載データすべての項目

2.共同利用者

KOA健康保険組合と健康保険組合連合会及び健保連の業務委託先 公益財団法人社会経済生産性本部・社会情報システム部

3.共同利用目的

当組合:高額な医療費が発生した場合医療費の一部の交付を受けるため
健保連:申請内容を確認し適正な交付を行うため

4.個人情報の管理について責任を有する者

当組合:事務長
健保連:高額医療グループ グループマネージャ

このページのトップへ